弁護士・裁判基準

逸失利益が残ってしまった場合、労働能力喪失率に応じて逸失利益を計算して被害者に支払いをしていかなければなりません。ここでは、【基礎収入額×労働能力喪失率×ライプニッツ係数】という計算式に従って計算をして行くことになります。式に対してはここでは深く触れませんが、等級が高くなればなるほど労働能力喪失率も高くなります。従ってその分逸失利益の金額も上がることになります。

後遺障害1級の場合、 労働能力喪失率は100%となり、 後遺障害14級の場合では5%です。後遺障害の等級認定をするには症状固定するまで通院を継続する必要があります。 交通事故被害に遭ったとしても、通院を途中でやめてしまった場合などでは後遺障害の等級認定を受けることができなくなってしまうので注意をしましょう。

症状固定したかどうかを判断するのは病院の医師であり、相手の保険会社から通院の停止をほのめかされることもあるかもしれませんが、決して保険会社のいいなりになってはいけません。

最後に、自賠責基準とは自賠責保険で賠償金の計算をする際の基準のことであり、 任意保険基準とは任意保険会社が示談交渉する場合に使用されるものです。 弁護士が示談交渉をする場合にも弁護士・裁判基準が利用され、 なるべく多額の支払いを受けるためにはやっぱり弁護士・裁判基準を意識したいものです。

逸失利益など

後遺障害慰謝料での支払いは、1級の場合に最も高額になり、14級の場合最も低くなります。 ここで注意をしなければならないのは、慰謝料の計算基準には三つのパターンがあり、弁護士・裁判基準が最も高額になるということです。

つまり交通事故被害に遭ってしまった方々が、真っ先に弁護士依頼しようというモチベーションを持つことで得られるメリットはかなり大きいと考えてください。後遺障害等級が1級の場合、自賠責保険では1100万円、任意保険基準では1300万円というのに、弁護士基準なら2800万円にまでアップすることが出来ます。

後遺障害14級ではどうなのでしょうか。弁護士基準ならここでも110万円のお金を得ることが出来、自賠責保険では32万円、任意保険基準40万円程度です。もうひとつ交通事故被害にあった人たちが考えていかなければならない問題は、逸失利益についてです。逸失利益とは後遺障害によって充分働けなくなってしまったことも想定することが出来、そのような時本来得ることが出来るはずの利益が得られなくなってしまった損害に対して言います。後遺障害が残ってしまうことによって、 その内容や程度に応じて、確実に労働意欲が失われてしまうことになるでしょう。

後遺障害の等級

交通事故被害に遭ってしまったとき、後遺障害が残ることはとてもよくあることです。ただし後遺障害が残るとしても、その症状・内容は様々です。後遺障害の等級は、1級から14級まであり、弁護士依頼しないのなら、それぞれをしっかり理解することからはじめていかなければなりません。

神経系統に障害が残って常時の介護が必要な状態などでは、後遺障害の等級は1級が認定されることになるでしょう。両目を失明してしまったら後遺障害1級が認定され、視力が0.1以下に下がってしまった場合では6級、局部に神経症状が残る場合では一番軽い14級の認定です。交通事故被害でむちうちになるケースはとても多いですが、むちうちの場合では14級の神経症状に関わるケースが多いようです。

後遺障害の等級をなぜ意識しなければならないかといえば、後遺障害の等級によって、請求出来る損害賠償金の金額が異なるためです。一番軽い等級認定の14の場合では当然金額が最も少なく、1級では多くの賠償金の請求をすることが出来ます。

後遺障害があった場合、請求出来る損害賠償金は、後遺障害慰謝料と逸失利益の2種類です。後遺障害慰謝料とは、交通事故で後遺障害が残ってしまい精神的損害を賠償するための慰謝料について言います。

参考-後遺障害(後遺症)とは | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所

 

弁護士依頼の理由

交通事故被害に遭ってしまい、その人はすぐに後遺障害の等級認定まで考えなければならないケースも出てきます。そもそも交通事故被害は突然なるものです。そのとき、ほとんどの方々が後遺障害の等級認定って何?と思ってしまうでしょう。交通事故被害に突然遭ってしまい、精神も混乱していてパニック状態かもしれません。そのような人たちが、それでも後遺障害の等級認定としっかり向きあっていかなければなりません。

交通事故に遭遇してしまい、怪我をして後遺障害が残るケースも決して少なくはありません。ただし後遺障害と言っても軽いものもあります。 後遺障害の等級認定は、慰謝料や逸失利益などの賠償金などに関わる問題ゆえ、全くの初心者というものの真剣に見つめていかなければなりません。

あらかじめ後遺障害の等級認定を受けるための手続き方法などを勉強する時間があればいいのですが、なかなかそのような機会を設けるのも日常生活では難しいのかもしれないですよね。 交通事故被害に遭ってしまい、そのようなことが全然判らないという人たちは、やっぱり弁護士に相談することでかなり安心することが出来るはずです。そのような人たちに相談すること自体が厄介とは思わず、最初から依頼する気持ちを持つことで、相当なストレスも回避することが出来るはずです。

後遺障害の等級認定とはそれ程までに一筋縄でいかないものなのでしょうか。一体何が難しいと言われているのでしょうか……。