逸失利益など

後遺障害慰謝料での支払いは、1級の場合に最も高額になり、14級の場合最も低くなります。 ここで注意をしなければならないのは、慰謝料の計算基準には三つのパターンがあり、弁護士・裁判基準が最も高額になるということです。

つまり交通事故被害に遭ってしまった方々が、真っ先に弁護士依頼しようというモチベーションを持つことで得られるメリットはかなり大きいと考えてください。後遺障害等級が1級の場合、自賠責保険では1100万円、任意保険基準では1300万円というのに、弁護士基準なら2800万円にまでアップすることが出来ます。

後遺障害14級ではどうなのでしょうか。弁護士基準ならここでも110万円のお金を得ることが出来、自賠責保険では32万円、任意保険基準40万円程度です。もうひとつ交通事故被害にあった人たちが考えていかなければならない問題は、逸失利益についてです。逸失利益とは後遺障害によって充分働けなくなってしまったことも想定することが出来、そのような時本来得ることが出来るはずの利益が得られなくなってしまった損害に対して言います。後遺障害が残ってしまうことによって、 その内容や程度に応じて、確実に労働意欲が失われてしまうことになるでしょう。

About the Author

admin

View Posts →